灘中入試を20分で解こう③

2015年 灘中 1日目6 
2015灘中1日目6


元の小数の
83は小数15位と16位。12位と13位にするには右に3つ小数点をずらすとよい。
2015灘中1日目6解説

43×0.2510.7543×0.2611.18  よって①=11



元の小数の39は小数9位と10位。12位と13位にするには左に3つ小数点をずらすとよい。

2015灘中1日目6解説2

43×0.093.8743×0.14.3  よって②=4







今年度の問題は、きちんとした準備をしていた子どもたちにとっては、
非常に取り組みやすかった問題だと思います。

この問題で使う考え方は

①循環小数は単独で繰り返すだけでなく、同じ分母をもつ者同士も、同じ仲間になる

②範囲の考え方



①は20105、②は近年では20134他にもたくさん出ている考え方です。

2015灘中1日目6解説3

このように、同じ数字群を順番を変えただけになっています。
この問題で、大切なことは
2010年の過去問は2/7までしか出てこないということです。

☆の部分まで考えを巡らしておけば、サービス問題でした。
過去問の訴えるメッセージをつかみとらないと未来問が自力で解けるようにはなりません。

個人的には循環小数においてもう一つ気になる論点があるのですが…

 


ちなみにラボでは、

No.5
BlogPaint
BlogPaint


というかたちでみんなで学習しました。

⑯の答えは、もちろん142857です。



 
さんすうLAB.主宰 倉田泰成