2014年 灘中2日目 2 灘中入試を20分で解こう①

灘中2日目2

2014灘中2日目2解説

たったこれだけです。図さえ必要ありません。

この問題が簡単に解ける理由は2つあります。
(2)の式中の、太字の『×3は、和に注目する考え方のなかでも、
最も基本的な考え方である
N回目の出会いというもので
ラボの教室生に限らず、一般的な受験生なら誰でも知っている考え方です。


☆(1)で求めた値を使わないで比を用いること


☆ダイヤグラムを使わないこと


ところが、この考え方を使えず、
「灘の速さ=ダイヤグラム」とかいう意味のない学習をしている受験生は、
頑張って正答に近づこうとして、手数、時間をかけて
不正解に近づいてしまったのかもしれません。


ラボでは、あえて、前期のダイヤグラムは最終回に、
後期は真ん中の回
に持ってきて、

まず、ひたすらに問題に対する切り口(視点)を身につけるように指導します。

例えば今年度に限らず、昨年度の灘の速さは『同じ休み』、
甲陽の速さは『平均速度』が出題されました。
問題に対する切り口を身につけないで、
解くためのツールであるダイヤグラムだけを教え込むのは、
駒の動かし方だけ教えて、将棋名人に勝てというようなものです。


「灘の速さはダイヤグラム」というのは、
「場合の数は書き出し」といって的中しましたというぐらいナンセンスです。

ナンセンスどころか、本質を見極められないひとつの要因だとさえ思います。


俯瞰する力を磨くことが、本当の速さの勉強です。
ダイヤグラムを極めればこそ、この場面で使わないという決断が導けるということが灘中入試の本質です。


だいたい、灘の速さ=ダイヤグラム、

  洛南の速さ=ダイヤグラム、 

よって  灘の速さ=洛南の速さ ?????


論理学の初歩ですね。



時代が変わろうと、学びの本質は変わりません。

昨年度、浜学園の合格体験記で総代の子が『見えない景色が見えてくる』と書いていました。

答えをなぞるのではなく、しっかり自分の道を歩めば、登り始めます。

どんな景色が見えるか楽しみですね。



さんすうLAB.主宰 倉田泰成